すすきのテナントビルならLCグループ

BLOG ブログ

サウナに正しい入り方はある?「ととのう」ための入り方も解説!更新日:2022.08.10

 

こんにちは!札幌すすきの・函館・旭川を中心にテナントビルを展開するLCグループの磯です!

 

サウナに行くことを「サ活(サウナ活動)」とよんだり、サウナ特有の体験から得られる特別な感覚のことを「ととのう」と表現したりするなど、近年サウナの人気が高まっています。

 

年齢、性別を問わず「サウナ好き」を公言する人も増え、「私もサウナに入ってみたい!」と考えている人も多いでしょう。

 

今回は、そんな初めてサウナに挑戦する人に向けて、サウナの入り方をご紹介!

サウナの正しいとされる入り方やマナー、「ととのう」とよばれる状態になるためのコツなどをお伝えします。

サウナ

 

 

サウナで得られる効果にはどんなものがある?

たくさんの汗をかくサウナは、その発汗作用によって健康や美容にさまざまな良い効果があると期待されています。

 

体を温めることで血行が促進され、汗と一緒に体内の老廃物が排出されます。

体温が38℃以上になるとHSP(ヒートショックプロテイン)というタンパク質が増え、これは疲労回復や免疫増強が期待できるといわれています。

体温が上がることで冷え性の改善や、新陳代謝アップが期待できるでしょう。

 

また、サウナと水風呂に交互に入ることで、交感神経と副交感神経が刺激され、自律神経のバランスが整う効果もあるといわれています。

 

なお、サウナと水風呂を繰り返したときに到達する一種の陶酔(とうすい)状態のことを、サウナ用語では「ととのう」と表現しています。

「サウナハイ」「サウナトランス」ともよばれ、疲労回復やリフレッシュに大きな効果があると考えられていますよ。

 

サウナ初心者の方は「サウナ初心者へ詳しく解説!入り方や注意点、基本マナーまで」もチェックしてみてくださいね。

 

 

lcグループline友達登録

サウナの基本的な入り方をチェック!

サウナの基本的な入り方は以下の通りです。

  1. 体と髪を洗う
  2. サウナに入る
  3. 水風呂に入る
  4. 休憩する

サウナに入って体を温め、水風呂に入って体を冷ます、そして休憩するという流れです。

 

①体と髪を洗う

サウナではたくさんの汗をかくため、清潔な状態で入るのが鉄則です。

 

また、毛穴の汚れをきちんと落とすことで、汗を分泌する汗腺が開き、しっかり汗がかける効果も。

湯船につかって毛穴を開いておくと、さらに汗をかきやすくなりますよ。

 

②サウナに入る

サウナに入る時間は5~12分程度が目安です。

初心者は5分程度から、慣れてきたら少しずつ時間を伸ばしてみましょう。

汗がダラダラと出る直前が、体がしっかり温まったタイミングです。

長時間入っていれば良いというものではないので、無理をしないでくださいね。

 

サウナ内は2~3段ほどの階段状になっていることが多く、上段ほど温度が高くなっています。

上段・中段・下段で約10℃ずつ温度が変わるといわれていますので、初心者は下段からスタートを。

タオルを腰に巻くかお尻の下に敷くかして、直接座らないようにしましょう。

 

③水風呂に入る

体が十分温まったら、次は水風呂です。

サウナでかいた汗を流してから入ります。

 

こちらも慣れないうちは無理せず、少しずつ。

心臓から遠い手足の先から少しずつ水をかけて、ゆっくり浸かっていきます。

 

水風呂に入っている時間は30秒~2分程度、頭がすっきりしたタイミングで、体が冷えないうちにあがりましょう。

 

④休憩する

温・冷のあとは、体の水滴を拭いて休憩をします。

浴室にあるベンチなどにゆったりと座り、のんびりとくつろぎましょう。

こちらも体が冷えてしまわないよう、5~10分程度が目安です。

 

以上が、サウナの基本の入り方です。

「温めて冷やす」の順序さえ守れば、サウナに入る時間や繰り返す回数はアレンジしてもOKです。

サウナや水風呂にどのくらい入るかは、その日の体調や気分、慣れなどの様子を見ながら調整してみてください。

 

体調の悪い日や食事・飲酒の直後、空腹状態でのサウナ利用は避けましょう。

食事は、サウナに入る1~2時間前に済ませておくのがおすすめです。

 

ウナではたくさん汗をかくので、サウナ前後には水分補給もたっぷりしてくださいね。

 

 

サウナで「ととのう」ために効果的な入り方は?

サウナー(サウナ愛好家)がよく使うサウナ用語「ととのう」。

サウナをより楽しむためには、「ととのう」状態をぜひ体験して欲しいです。

 

サウナでととのうためには、先ほど紹介したサウナの入り方で、サウナ・水風呂・休憩の流れを2~3セット繰り返すと良いですよ。

 

熱いサウナで汗をかいて興奮状態になり、冷たい水風呂で体をスッキリさせたあと、休憩でリラックス。

興奮とリラックスが交互にやってくることで、ととのう状態が起こりやすくなります。

休憩中は目を閉じて瞑想(めいそう)するなど、ゆったり過ごしてみましょう。

 

サウナで整う(ととのう)とは?準備やコツ、サウナ効果も解説!」でもサウナでととのうコツをご紹介しています。

 

 

まとめ

●サウナで得られる効果とは

体を温めてたっぷり汗をかくことで血行促進、デトックス、新陳代謝アップ、疲労回復、免疫アップなどの効果が期待できます。

サウナと水風呂に交互に入る温冷交代浴は自律神経のバランスも整え、リフレッシュの効果も。

 

●サウナの基本的な入り方

体や髪を洗ってから、サウナ、水風呂、休憩という流れが基本。

サウナや水風呂、休憩前には体の水滴を拭き取りましょう。

サウナは5~12分程度、水風呂は30秒~2分程度、休憩は5分~10分程度で、無理せず自分の気持ちの良いタイミングで出入りしましょう。

 

●サウナで「ととのう」コツ

サウナをより楽しむにはぜひ「ととのう」体験もしたいものです。

サウナ・水風呂・休憩の流れを2~3セット繰り返し、リラックスしてゆったり休憩しているときに「ととのう」状態になりやすいですよ。

ぜひチャレンジを!

 

LCグループは札幌・函館・旭川で貸しビル事業・ビルメンテナンス・不動産事業などを行っています。

テナント探しやビルメンテナンスなどでお困りの方は、LCグループの磯へお気軽にお問い合わせください!

 

lcグループline友達登録